ブランドのタイトルをクリックすると、オフィシャルサイトへジャンプします。
デザイン感覚の優れたデンマークで誕生したリンドバーグはネジを一切使用しないシンプルで機能的なミニマルデザインが特長のチタンフレームです。世界最軽量級のしなやかなフレームは小さなお子様にも安心してお使いいただけます。
フレームからほとばしる若き感性。手仕事にこだわり、全行程の8割は自らの両手で魂を込める。全工程を見てもハンドメイドならではの他に類を見ない技術がぎっしりと詰まっている。 ダイヤモンドの様に輝く、なめらかに美しく研磨されたフレーム。これが日本のフレームだ。
繊細なフレンチカラーが特徴的なラフォンは1923年にパリ・マドレーヌにブティックを開店の老舗。デザイナーマダムラフォンのこだわりは、エル/ヴォーグ/マリクレールなどのファッション誌でも絶賛。
1987年創業のボーソレイユ。 自身の名を冠したメガネブランドです。コンセプトはネオクラシック。 普遍的でありながら時代を備えたエレガントなスタイルが特徴です。アセテートフレームはイタリアの生地を使い、自社工場で作製。 メタルフレームは日本製です。
1948年にアメリカのニューヨークで設立。タート社は小さな眼鏡店でしたが、高品質な究極なモノづくりを続けた結果、眼鏡業界のレジェンドとなり、当時のハリウッドスター、ジェームス・ディーンが愛用した事でも有名。また最近では【ARNEL】は同じくハリウッドスターのジョニー・デップが主演の映画「シークレットウィンドウ」に使用した事でも知られる。その敬意から当時の細かいハンドメイドのディテールを拘わり日本が誇る眼鏡産地の福井県鯖江市で見事に復刻した逸品。
1975年モトクロスのハンドグリップメーカーとして創設。その後ゴーグルを経て80年代以降はスポーツサングラスのトップメーカーとしての地位を不動のものとしました。世界のトップアスリートが愛用しており注目のブランド。ちなみに、「オークリー」は創業者の愛犬の名前だそうです。
「ハーモニーとファンタジーの融合」「伝統と革新」「クラシックとモダン」が、トラクションの魅力。けっして単なる視力矯正の道具ではなく、かけ具合も充分に考慮されたアートなメガネとして定評があります。
1998年にスタートしたハウスブランド。ユニークなデザインと絶妙なカラーリングを持つ感性は、日本という枠を越えジャパニーズブランドとして希少な存在になっています。少数限定で作られているので次々に新しい挑戦的なデザインが作り出されます。彼の新作を毎回楽しみに待っているファンも増えています。
2001年誕生。流行にとらわれすぎずいつの時代にも美しいと評される形を追求し、基本的なスタイルの中に「大人のお洒落」を表現している。Made in japanにこだわり、世界に誇る日本の眼鏡技術とデザインを融合させ明日の鯖江を担う若手のホープとして高い評価を得ています。
ヤクルトスワローズ古田監督プロデュースによる一人ひとりに一つひとつのアイウエア(アイメトリクスの製品です)。 パーツごとに自由に選べるイージーオーダーだから、いろんな笑顔にジャストフィット。こども目線、大人目線であなたにピッタリのかけ心地をお届けします。
大胆なデザインとカラーリングでその名を世界に広めたドイツ生まれのブランド。世界中の多くのアーティストや、ファッションにこだわりを持つ個性的な人々に愛されてきました。
1995年誕生のパリスとマリオンによる独創的でアート作品のようなブランド。流行を追った短命なデザインではなく、何年経っても時代を感じさせない独自のデザインを意識して展開されています。

アルマミカ

2005年にオリジナルコレクションを発表。夫婦ユニットによる新進ブランドです。際だってデザイン性の高いアイテムは、すでに高感度な人々の間で大注目を浴びています。
デンマークで40年の歴史を持つ老舗ブランド。デニッシュデザインの伝統を継承することの重要性をとても意識しています。そのクリーンでシンプルなデザイン、変わらない高品質、独特のカラーリングをアイウエアコレクションに取り入れる手法によってデニッシュであることを主長しています。
コンセプトYは、デザイナーの兵井伊佐男(ひょういいさお)氏が強度近視の友人「Y」さんのために、度が目立たず軽くて快適に使えるメガネを作ったことから生まれました。デザインから製作まで一人で手がけるオーダーメイドのメガネであす。お客様の目の幅と顔の大きさに合わせて作るので極限まで薄く軽く出来上がります。
2008年、Friendiy Eyewear(友人としてふさわしい眼鏡)、掛けた姿が「素顔」をコンセプトに生まれた日本のブランド。「ネズミが塩を引く」という諺や設立年が子年などからネズミをキャラクターに!!厚みが3.5mmという超薄プラスチックで軽量化を実現、その薄さがカラーの美しさをより際立たせる効果に。シンプルイズベストでカジュアルからフォーマルまで幅広く使っていただきたいブランドです。
日本に限らず世界で流通しているメガネのほとんどが左右対称にデザインされている。だが、多くの人の顔は左右非対称になっている。そこで、デザイナーの伊藤氏は左右のバランスを考えた「利き顔メガネ」というジャンルを誕生させた。
KAMUROは銀座・青山にお店を展開するメガネ店カムロのオリジナルです。ひと目でカワイイと感じさせるキュートでポップなデザイン、掛けて楽しくなるデザインがたくさんあります。コンセプトは「メガネを着こなし、メガネも着替える」日本人の肌の色にあうトーン、そして骨格にあうバツグンのフィット感。行き過ぎることのない、しかし確実に他人とは違う個性が生きるコレクションです。
フランスのマルセイユを拠点に活動しているブランドです。前身となるEye❜ Dc から名前も新たに 2012年再スタートしました。 Eye❜ Dc ファンの期待通りな斬新な発想は健在です。
デザインに新たな光をもたらすベルギーのブランドです。どのデザインも透明性、光と反射から発想を得ています。 木漏れ日からイメージするように光と 影で、フレームのパーツ部分、上下、左右、裏表など細かい線の部分に独特の工法でデザインされています。 デザインはベルギー、工場はドイツ、チタンは日本でそれぞれ担当しています。
デザイナーのミシェルエノウにより1965年に設立された、ベルギーのアイウェアブランドです。 美しいカラーと造形美を合わせ持つミシェルエノウのメガネは、見る人の心を落ち着かせる優しいオブジェのような存在感と輝きを放ちます。
1999年、サングラスと アパレルブランドのOWL opticwarlock を設立。 OWL のアイウェアの特徴はありそうでない絶妙な形にあります。 他のブランドに似たものを見つけることができない独特なデザインの裏原宿ブランドです。故に、数多くの著名人にも愛用されています。
パドマイメージは「感覚の追求」をコンセプトとしておりシンプルでありながら違和感を与えるアイウェアを展開しています。 あるはずのものがなかったり、機能的に不要なものが付いていたり、ミニマルな時代だからこそ特別な「違和感」を愉しんでいただきたい。
独自の技術とメイドインジャパンのクオリティーを誇るQUAD。レンズには、カールツァイス社が開発した広くクリアな視界を実現するプリズムオフセットレンズを採用。 ライダー、ランナー、ゴルフ、釣り、野球などアウトドアスポーツを愛する皆様に安心と安全を提供します。
レックスペックスは、サッカーやバスケットボールなどに取り組むお子様の目を保護するために作られたスポーツ用メガネです。 激しい運動にもズレない工夫や、 衝撃を和らげる素材の使用、広い視野や顔にフィットするフォルムなど、安全にスポーツを楽しむために欠かせない機能を備えています。 大人用もご用意できます。
「本当のサングラスをかけたことがありますか?」 メガネと同じように大切なのはレンズです。タレックス偏光レンズは目を疲れさせる雑光をカットできるレンズです。高性能フィルターを使用し最終仕上げまでの全工程の60%を手作りしている世界で唯一の偏光レンズメーカーです。
ポリカーボネイトを越える素材でマグナムの銃弾も貫通しない強度を持ち、歪みや劣化の少ないハイクオリティな次世代レンズ。
メガネのオダ
千葉県茂原市高師826 Tel: 0475-22-3604 Fax: 0475-22-1622
営業時間: 10:00~19:00  ※定休日:水曜日
アクセス: JR茂原駅より徒歩5分
Scroll to top